« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月

2005/09/30

『空中庭園』角田光代

角田光代の『空中庭園』を読みました。監督の不祥事があるまで、映画化されてるとは知らなかったけれど、たしかに映画にしやすそう。家族のそれぞれみんなにドラマ(事情)があるから、登場人物を描きやすそう。『対岸の彼女』を読んだ後、何かもう1つはこの人の本を読んでみたいなぁと思っていたので、そういえば、石田衣良との対談で話題になっていた「空中庭園」にしようと本屋で手に取ったのでしたが・・・。第1章を読み始めて、あぁこれは駄目かも、最後まで読めないかも・・・この高校生の女の子の虚無感というか、すべての生活との距離の置き方が耐えられない・・・と思ったのですが、読み進むうちに、構成のおもしろさに引っ張られました。でも読後感はどうにもスッキリしませんでした。グルグルとループの中でもがいている家族それぞれ、結局どこかで違うと思いながらも、危ういバランスが保たれて続いていく日々が救われない感じ。親も子も、夫も妻も、みんな暖かい絆を、本当は求めているんだろうなぁ。

2005/09/29

アメリカンブルー

05081716
今年はアメリカンブルーの花のつきが悪くて、ちょっと残念。リン酸が足りなかったのかなぁ?

2005/09/28

ほうれん草のリゾットとババロア

05092002d
05092001d
先週のある日に食べた遅いランチ・・・。

2005/09/25

頭文字(イニシャル)D

見てきました、香港映画『頭文字(イニシャル)D』。ヤンマガで6~7年読んでるしアニメも見たことあるので、どうしても私の中でイメージがあるので・・・。もうちょっと、文太(アンソニー・ウォン)にはクールな感じでいて欲しかったなぁ。あそこまで酔っぱらい親父っていうのもなぁ。高橋涼介も煙草吸ってたかな?でも峠のバトルがCGなしっていう所がすごいですね。エンディングのテロップに高橋レーシングチームの名前がありました。それとロケ地の榛名の景色がすごく美しかったです。インファナル・アフェアの時も感じましたけど、高橋涼介役のエディソン・チャンと中里毅役のショーン・ユーって、2人ともどことなく影があって、いい役者さんだなぁと思います。藤原拓海役のジェイ・チョウも、普段は闘争心を表に出さない拓海の感じが自然に出てたと思います。今日は昼間、渋谷で見たので吹き替え版でしたが、声優さんが上手いのでOKかな。でもDVDになったらやっぱり字幕で見たいと思います。

2005/09/24

最近のケリー

05091901d
だんだん毛が伸びてきて、片耳はいつもこんな感じ。1歳半ですが、恐いモノ知らずというかなんというか、まぁ元気なのは良いのですけれどね。見ていてあきないけど、時々うるさいくらいに、遊んでくれ~攻撃があります。新しい携帯で撮ってみましたが、なかなかいいかな。

2005/09/22

品達「なんつッ亭」のラーメン

20050922d
行ってきました。品達の「なんつッ亭」。今日は日帰りで名古屋出張。帰りはのぞみを品川で降りてラーメンを食べました。人気のこのお店、なんつッ亭は、黒いこってりスープで、麺はちょっと固めかな。夜7時半くらいに着いた時には、すでに、この店だけ並んでるようでした。それでも15分くらいの待ち時間で入る事が出来てラッキーかな?この店が一番人気らしいけれど、う~む、どうなのかなぁ。何回も食べたくなるような、癖になるような感じはしなかったけど・・・。帰りに覗いたら反対側のくじら軒も混んでるようでした。

2005/09/20

携帯電話と寝不足・・・。

使ってる人にあれこれ聞いてみて、どれくらい通じる所が増えたかが、ぼちぼち確認できたので、ついにFOMAにしましたが、今まで使っていた着メロが移行できる訳ではないので、また1からカスタマイズ・・・これが意外に面倒です。いろんな有料サイトがあるけれど、どこから落とそうかなぁ・・・。今までも着メロは全部CHAGE&ASKAだったし。説明書を見ながらとりあえず、基本的な使い方だけはチェック。でもメールを打ってみると、どうも打ちにくい。今までのNと違って、今度のPはボタンがへこんでいるからかも・・・。今朝は仕事で4時半に起きなければならなかったけれど、昨夜は説明書を読んでるうちに遅くなっちゃって、目覚まし時計の音がうらめしったらありゃしない・・・。夕方ちょっと睡魔に襲われたけれど、それを過ぎたらなんだか妙にハイテンションな私。芋焼酎でも飲んで寝ようかなぁ・・・。

2005/09/19

秋葉原ヨドバシカメラ

050919とりあえず、行ってみました。ひたすら広いです・・・。買いたいものの所まで行くまでが大変・・・いろいろと目移りしますしね。

2005/09/18

富士山の五合目から・・・。

050917a17昨日、夫の実家の静岡まで行って来ました。これは夕方の富士山。頭の上は雲に覆われています。05091723
「日本で流れ星を見たことない」と言ったら、「五合目まで行けば見えるよ」なんて事になって出かけました。夜9時頃でしたけれど、寒い、寒い!
050917a22その上、くっきりと14番目の月が出ていて、星のきらめきが負けていました・・・。月って明るいんだなぁと改めて驚いた夜でした。五合目からの月と夜景です。そして、今夜は満月、東京の空にもとても大きな月が出ています。

2005/09/16

サンダーバード

と言っても、メールソフトMozilla Thunderbirdのことですが、なかなか賢いソフトです。 ずっと長いことエアクラで受信していたメールをniftyのパソコン通信が終了したので、サンダーバードに変えたのですが、一度指定すれば、迷惑メールをどんどん別フォルダに入れてくれるので、受信BOXがスッキリ。必要なメールだけが残ります。
そうそう、昔から気になっているのが、あの人形劇の『サンダーバード』。あれは原題がThunderbirds are GO!なんだけれど、どうしてare goingじゃないのかなぁ?あれれ!メールソフトのクレジットもARE GO!だわ!?

2005/09/15

輪切りマンゴー&オレンジアイス

05091602sジューシーでなかなか美味しいです。
パイナップルの輪切りアイスも好きです。

2005/09/14

去年の夏は・・・。

04081705
デジカメ画像の入っているフォルダをクリックしていくと、いろんな画像が出てきて、去年の夏に咲いていた花や、食べたケーキや、旅先の景色やら、あれやこれやが、本当に色鮮やかに思い出される。セピア色になる写真も良かったけれど、デジタルってやっぱりいいよね。これは丹沢の洒水の滝。

2005/09/13

この花は?

050913ss
お花屋さんで1束200円で買いました。かわいらしいですよね。でも、名前を聞くのを忘れました。

2005/09/12

松本のお味噌

0509080505090807
                                        

○ ○ ○ ○ 松本の石井味噌で、三年醸造の赤みそを買いました。ここには、味噌ソフトなるものがあったのですが、昼間もソフトクリーム(下の画像)を食べていたので、こちらでは食べませんでした。でも興味あるなぁ、味噌ソフト。

2005/09/10

『チャーリーとチョコレート工場』

ティム・バートン監督、ジョニー・デップ主演『チャーリーとチョコレート工場』を見てきました。本当に楽しかった。心も温かくなりました。『ネバーランド』の時よりも少し大きくなったチャーリー役フレディ・ハイモアのつぶらな目、賢そうな話し方、とってもかわいくて良かったです。原作は読んでいないけれど、きっとこのチョコレート工場のオーナーのウィリー・ウォンカはジョニー・デップじゃなければ、あり得なかったかも。大人だけれど、子供っぽくて、いたずらっ子で、ちょっとわがまま、すこしばかりひねくれているけれど、本当は寂しがり屋・・・。それから驚かされたのはウンパ・ルンパ族。何百人もいるみたいだけれど、これがCGじゃないというのだから、すごいです。そういえば踊っている時は、手の上げ方とかちょっとずつ違っていたっけ。でも笑わせてもらいました。DVDになったら絶対に買うなぁ。ちょっと心がパサパサしていたから、今日は映画のおかげで気分転換できました。
夜は、ちょっと夏ばて、疲れ気味だったので、揚州商人で酸辣湯麺を食べました。酸っぱくて辛くて、美味しいです。あら、テレビでも酸辣湯麺やってるわ。また食べたくなっちゃう・・・。

2005/09/09

サイトウキネンオーケストラと松本

05090801s昨日は、サイトウキネン・オーケストラを聴きに松本まで日帰りで行ってきました。このソフトクリームは、途中の双葉のサービスエリアで食べた、右がチョコレートと栗、左が桃味です。美味しかったぁ。松本についてからは、石井味噌で三年醸造の味噌を買い、その後は、女鳥羽川沿いを散歩、コーヒーとケーキで一休み。そして夕方、ものぐさというお蕎麦屋さんで、打ち立ての蕎麦と馬刺を食べました。ここのお蕎麦美味しかったぁ。ということで、充実した食生活でした。夜は、6時半開演でサイトウキネン・オーケストラの最終日、松本市民芸術館でシェーンベルクの「グレの歌」。今回の席はレフトのバルコニー席。残念ながら、困っちゃうほど見にくい席でした。普通に座ると、舞台の下手が三分の一くらい見切れるんですね。デザインばっかり凝っていて、このホールはどうも好きじゃないです。トイレの位置も悪いし、数も少ないし。大勢を収容するホールはやはりトイレの個室の数は、あの倍は必要なんじゃないかと思います。サントリーホールやカザルスホールはその点いいですよね。開演が迫ってきてホールの男性が「どうぞ男性トイレもお使いください」と女性の列に向かって言い出したのですが、びっくり。男性の入っているトイレにどうやって入るのか?と、その場にいた女性はみな一様に驚きと共に、不快感をあらわにしていました。当然ですよね。ホールの人のあまりの配慮のなさに驚きました。
シェーンベルクの「グレの歌」は今回初めて聞きましたが、正直なところよく分かりませんでした。深い悲しみと絶望の淵から、立ち直っていき、最後はみんな幸せで大合唱といった感じかな。さぁ感動してください!みたいな大合唱で、なんだかなぁ・・・ではありましたが、やはりオーケストラの音は柔らかくてホールいっぱいに広がるし、合唱も良かったし、音に包まれた幸福感は充分味わうことができました。カーテンコールで、小澤征爾さんが、オーボエの宮本文昭さんに花束を渡し、なにやら話をしているのが印象的でしたが、今日サイトウキネンのHPを見てその訳が分かりました。宮本さんは来年の3月で演奏活動に終止符を打たれるそうです。残念ですね。宮本さんはかなり前になりますが、たばこのCMに出ていた事もあったので、ご存じの方も多いと思いますが、哀愁のあるやわらかいオーボエの音が聴けなくなるのは寂しい事です。

2005/09/07

新日本フィルの定期演奏会

今夜は、新日フィルのサントリーホール定期演奏会でした。9月の新シーズン開始で、私の座席もちょっと変更。安い席での移動だけれど、なかなか見やすくて良い席です。聞きやすいかと言うと、ちょっと音のバランスは悪いけれど、クラシックのコンサートでも、ステージ上での演奏家や指揮者の動き、表情がどれくらい見えるかという事が、かなり重要な要素の1つだと思っているので、今回の座席はその点ではとても満足であります。クラシックだって、ポップスだって、音楽は聴覚のみならず視覚にも訴えてくるものだし、細胞全部で、音を楽しむのが音楽の良さ。観音様のように、音を観る事ができる人もいるわけで、クラシックで眠くなるという方は、一度、う~んと前の方で聞いてみることをおすすめしたいと、長年思っております。曲目は ♪コルンゴルト作曲:交響的序曲『スルスム・コルダ』op.13(日本初演)、♪R.シュトラウス作曲:バレエ音楽『ヨゼフ伝説』交響的断章、♪バルトーク作曲:管弦楽のための協奏曲の3曲で、始まる前に指揮者のアルミンクさんのプレトークもありました。最初の2曲は初めて聞いたけれど、本日の3曲はどれも華やかなオーケストラの音が堪能できるものでした。楽しかったぁ。

2005/09/05

フトモモ科・・・

05090504
これはワックスフラワーという花です。花びらにロウがついているような感じで、ツヤツヤ、ツルツルしています。こういう小花があるんだなぁと思ってネットで検索してみたら、フトモモ科・・・に属するとか。痩せなくちゃぁと思っている私には、フトモモ=太腿ですが、「蒲桃」という実のなる植物のようです。あはは!花は保ちが良くて夏でも1週間、水を換えてあげればOKでした。

2005/09/04

ベイサイド・マリーナ

05090309
土曜日に横浜のアウトレット「ベイサイド・マリーナ」に行って来ました。夏休みも終わった後の土曜日で、思ったほどは混んでいなかったし、最終バーゲンらしく、なんでもかんでもかなりお安くなっていました。でもあまりサイズは残ってなかったかな。ケリーは、遠出をした上に、ここでは走ったり、必要以上に人に愛嬌を振りまいたりで(笑)、楽しそうでしたが、帰りの車の中ではぐっすり寝ておりました。お天気も良く、海風も気持ちよく、のんびりランチができました。

2005/09/02

いろいろあるよね・・・。

世の中には、うまいこと説明できないけど、そういうコトになってます、みたいなその場だけに通じる常識というか慣例があったりします。もうそれはそいうモノなんだから、どうしてか?なんてコトをあえて考えない方がいいのだけれど、入ってきたばかりの人に、どうしてですか?と尋ねられたりすると、う~む、そうですね。それは昔からココではそういうモノなんです。なんていう歯切れの悪い答えになったりしちゃう訳です。本当はちょっと変だなぁ、とか、それはあり得ないよ、と心の中で思ってはいても、あえて問題にせず流して、日々の仕事をこなしていく・・・という事を、当たり前のように繰り返しているのだけれど、いつかそれらの「?」なコトを、疑問にも感じなくなってしまうのかなぁ・・・大人ってイヤね、社会ってイヤね、なんていい年して、ブツブツ思ったりしました。とにかく今日は一日、「えーーー!?」な出来事やら、「うっ・・・」と答えにつまる質問やらが次々やってきたので、仕事を終えた後は、とぼとぼと足取り重く、会社を後にしたのでありました。

2005/09/01

小澤征爾さん70歳

今日は小澤さんの誕生日、ということで、松本のサイトウキネンフェスティバルでは、お祝いのチャリティコンサートが開かれています。平日で休みも取れるかどうか分からなかったので、残念ながらチケットを買っていないけれど、筑紫哲也さんが司会という事なので、もしかしたら、NEWS23で少し映像が映るかなぁ?と期待して見ていたら、おお!やはりちょっと映りました。
年を重ねるごとに輝いていける人ってすごいなぁと思う。自分が70歳の時はどんなだろうか?まるっきり想像つかないけれど、まずは、毎日ちゃんと生きていかないとね。

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

フォト