« 映画『ラヴェンダーの咲く庭で』にちなんで | トップページ | ベゴニア »

2005/07/19

気の毒な人

それは昨日のことでした。細い道路に車を止めたまま携帯電話でしゃべり続けるおじさん一人。あなたの車がどかないと他の車が通れません・・・。見てそれを確認しているのに、後ろ向いたりしていっこうにどかないんです。クラクションの音でようやく車に近づくも、電話をやめずに車の扉さえ開けない。悪びれる様子もなし。この人引っ越し屋さんの営業の人みたいなんです。ハミングなんとかっていう引越センターと車に書いてある。そりゃぁいくら何でもおかしいでしょ。どいて下さいよ。ねぇ・・・。ところがほんの少し前方に移動しただけで、結局通り抜けられない。さすがに「何故どかないのか?」と問い合わせる事に致しましたが、どく場所がないとか、訳の分からないことを言う始末。しばらく話をしていて気持ち悪くなりました。世の中に毒をまき散らして、この人きっと、一度もちゃんと幸せじゃなかったんじゃないかって、思いました。顔色も悪い、目つきも不安定、言ってる事も分からない、こんな人に仕事を頼む人いるのかしら?何も知らずにうっかり頼んだら、とんでもないトラブルに巻き込まれるんじゃないでしょうか。人に親切にされたり、人との関わりの中で、優しい気持ちになったり、暖かい気持ちに包まれたことが一度もないんじゃないか、きちんと謝るとか、話をするとか、コミュニケーションを取れないのかもしれませんね。世にも奇妙なほど気の毒な人。その事さえも気づいてないんだろうなぁ。

« 映画『ラヴェンダーの咲く庭で』にちなんで | トップページ | ベゴニア »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

電話で依頼して、どんな人がくるかわからない引越し屋さん。長男の引越しの時ね、それが一番心配だったの。安かったし(^-^;)
でも、来た人がわりと若かったけど、とっても感じよく動いてくれる人だったから、良かった。
こういうのも当たりハズレがあるよね。
それにしても、周りの迷惑を顧みない人は、困るねぇ。。。

たまにいるよねぇ、こういう人。小さい時に親にも可愛がって
もらえなかったのかなあ。そして、自分で招いた恵まれない境遇をすべて
世の中のせいにして、逆恨みして、ますます生き方を狭めている・・
「気の毒」と思えるYoshimiさんは優しいわ。でも気をつけないと
突然逆ギレされてどんな被害を被るかわからない、という怖さも
あるんですよね、最近は。(--;)

ほんとにいますよね、こういう人
何を言っても無駄?
下手に言ったら逆切れ・・・
こういう事件多いですもんね

そういえば、最近の夫・・逆切れするんですけど・・・・

私が もし通勤の一秒を争う時間に こういう自己チューおっさんに遭遇したら・・・まじキレそう 凸(--メ)
せいぜい 思いっきり睨みつけて通るくらいしかできんけど・・・σ(^_^;)
こういうのって、本人は平気で こっちが一日中不快でいなきゃならないって・・理不尽よねぇ。。なんか間違ってるよね。

皆様こんばんはぁ!
気の毒だと思うようにしよう・・・と自分に言い聞かせた部分もあるんですよ。でもやっぱりどんな境遇に育とうとも、自分の力で自分を作っていくべきだからね、この人がどういう境遇だったとしても許せないと思ってます。どう考えても常識的にこちらが正しいのに、逆ギレして、絶対に自分は間違ってないと言い張るような男でしたが、この人はこの先も、幸せと無縁なんじゃないかなー。「きっととても寂しい死に際を迎えるわよ。」と言ってやりたかったしね。

Yoshimiさん、大人だ~
そんな非常識な奴に、きっと穏やかに話したんだろうなーと想像したよん。

最近はマジで怖い人が多いので、注意とかするのもかなり勇気がいるよねー。
年を重ねる毎に、生き様が顔や雰囲気に出てくるから、自分も気をつけたいと思うよん。

ここに書く時はもう時間がたってたから、なんだかなぁって思って、距離が出来てましたが、その時は、あなたいい加減にしなさい!と注意致しました。だから、全然穏やかじゃなかったのよ。その後その引っ越し屋をネットで調べました。運送屋さんが主な仕事でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67926/5058016

この記事へのトラックバック一覧です: 気の毒な人:

« 映画『ラヴェンダーの咲く庭で』にちなんで | トップページ | ベゴニア »

フォト