« 出口のない物語・・・メロウ | トップページ | 演奏会とかPCの不調とか・・・。(BlogPet) »

2005/05/19

カンヌ映画祭

柳楽優弥君がカンヌ映画祭で「最優秀男優賞」を受賞したのは、昨年のこと。タランティーノ監督が彼の名前を呼ぶ姿は、記憶には新しいけれど、今年もカンヌ映画祭の季節がやってきて、あらためて1年って早いなぁと思う。柳楽君主演の映画は、編集が間に合わずに、今年は出品出来なかったらしいけれど、予告編が上映されただけで、すでに様々な国から配給のオファーがあったというから、すごいですよね。ココログの【カンヌ2005diary】でのカンヌ情報は面白いかも。コンペって4点満点なんですね。それにレッドカーペットの前に朝早くから陣取る人がいるなんて、やっぱりスターを見たいと思う気持ちは万国共通なのかな。

« 出口のない物語・・・メロウ | トップページ | 演奏会とかPCの不調とか・・・。(BlogPet) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

そうかぁ、あれからもう一年も経つのね。
柳楽君の映画は見たかったけど、内容を知ってしまったら辛くなりそうで、結局見られなかったの。親子モノには弱いわ。
あの時話題になった表情は見たかったんだけど・・。

みっちさん、こんばんは!(^o^)
「誰も知らない」は、柳楽君も良かったけれど、弟の飛影君もすごくよかったのよ。いかにも次男坊でのんきなの。子供には子供の世界があって、大人に束縛されない自由な中で、子供なりのルールが出来て、ちゃんと暮らしていくのよねぇ。設定は実話だから、報道された時には驚いたけれど、子供の生きていく力って、もしかして世の中がつぶしているのかもしれないなぁ・・・なんて思っちゃいました。しかし、1年って早いわよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67926/4201319

この記事へのトラックバック一覧です: カンヌ映画祭:

« 出口のない物語・・・メロウ | トップページ | 演奏会とかPCの不調とか・・・。(BlogPet) »

フォト