« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月

2005/05/31

サントリーホールでショスタコ・・・。

今夜は新日本フィルの定期演奏会。モーツァルトのハフナーとショスタコーヴィチの8番、指揮はシュテファン・ザンデルリンク。クルト・ザンデルリンクの次男で、お兄さんも指揮者だそうです。一家そろってすごいなぁ。モーツァルトでは、ちょっと小ぶりなティンパニーがいい音でした。ショスタコはなんと60分という演奏時間。上から見ていると、オケも忙しそう。管から打、弦まで、鳴り響くと壮観!音が目で見えるような気分になります。重厚で、華やかに展開するのかなぁ、と思うとずど~んと地をはうような低音が続き、第二次世界大戦のさなかに書いた曲だと思うと、複雑な気分にもなります。もっと自由な時代に生きていたら、どんな曲を書いたのかなぁ。でも、それぞれの生きた時代に、「もしも」なんてないんですよね。
サントリーホールの前、カラヤン広場には、たくさんのバラが飾られていました。鉢植えや、植え込みやらで、珍しい色のバラもありました。雨が降っていたので、デジカメには撮らなかったけれど、晴れた午後にのんびりコーヒーでも飲みながら、バラを見たいなぁと思ったりしましたけれど、それじゃ、仕事休まなきゃ駄目だな。

2005/05/30

紫陽花

0505290205052909

紫陽花が毎日少しずつ色づいてきます。なんだか嬉しい。小学生の頃は朝顔の観察日記なんてつけたような記憶があるけれど、大人になってから日々の観察なんてしたことなかったなぁ。忙しくしていると、気が付けば、桜が散り、気が付けば梅雨になりあっちこっちで紫陽花をみかけ、次は真夏でひまわり・・・。改めて見渡せば、四季のある日本は、365日少しずつ動いている。何かが散っても何かが蕾みになり、四季折々、草花や、果実、野菜と、いろんな旬がめぐってくる素敵な国です。でも、今やスーパーには野菜がなんでもあって、旬なんてよく分からなくなってきたなぁ。せめて身近なお花で季節の移り変わるのを「目撃!」したいと思います。右側は、今まさにバラの蜜を欲して蜂がやって来た所です。こわごわパチリ!デジカメってすごいな。
今日は、ちょっと曇っていましたが、雑草抜いて、ものすごく成長しちゃったヤツデを切って、鉢の植え替えをして・・・と中腰の姿勢が多かったせいか、今は腰痛・・・。明日に備えて湿布して寝ましょう。

2005/05/29

棚からぼた餅・・・バッハ無伴奏(BlogPet)

きょう、MelodyがここにMelodyの王子も伴奏する?
Moonlightは、Melodyで伴奏したかったみたい。


*このエントリは、BlogPetの「Moonlight」が書きました。

2005/05/28

下北沢で演劇

05052516
今日は、下北沢リバティという所で「魔女の巣」の芝居『クレイジー・フライデー』を見てきました。、犬を通して知り合った友人が脚本&演出で頑張ってます。今回はコメディという事だったけれど、う~ん、芝居が終わってからの楽屋では、役者も作家も演出家も裏方スタッフも様々な本音が出るけど、それがだたの愚痴になっちゃうと、面白く見せるのは難しいかな。どの人にも感情移入できない状態が続いてしまいました。でも芝居を作り上げていくエネルギーは並大抵じゃないし、彼女は公演を続けている。本当に好きじゃないとできないだろうな。次はどんな芝居を考えてるんだろう?
さて、ピンクマーガレットと蜂です。このピンクマーガレットは、日光が不足気味だと、白っぽくなってしまうのだそうです。

2005/05/27

棚からぼた餅・・・バッハ無伴奏

今夜は王子ホールで、バッハの無伴奏チェロ組曲、第2,6,3番を聞いてきました。会社の人が急用で行けなくなり、チケットを2枚いただいて、夫と行ってきました。(^_^)v プログラムによると、演奏者のジャン・ワンは、1968年生まれ、9歳で上海音楽院に入学し、その後、故アイザック・スターンに出会い、アメリカに留学、ジュリアード音楽院でさらに学んだとのこと。スッキリとした誠実な演奏、力強い中にも柔らかさのあるゴフリラー(1736)の音色で、棚ぼたのバッハを堪能してきました。アンコールの「二泉映月」がとてもよかった。そしてなんと鳴りやまぬ拍手に2曲目のアンコールは無伴奏の第1組曲プレリュードでした。

2005/05/26

誕生日

05052510今日は、夫の誕生日、で、おとといは私の誕生日。来週は結婚記念日。ということで、2人的にはお祝い気分週間ですが、何かするというよりは、一年無事に楽しく暮らせてよかったなぁ・・・と言った感じです。紫陽花は、朝の光を浴び、夕立の雨を浴び・・・徐々につぼみが色づいてきたような気がしますが、いつになったら咲くかなぁ?

2005/05/23

ケリーのあっかんべー

050321a82s
ワンコは本当に見ていてあきないですね。イヤな事とかうっとうしい事とか、みんな忘れちゃう。

2005/05/22

紫陽花

05051405
お花屋さんの店頭には、すでにたくさんの紫陽花が並んでいますが、うちの紫陽花は、小さくつぼみがつきはじめたところです。去年の買った紫陽花を、少し大きめの鉢植えに移し替えて、たま~に薄めた肥料をまいただけなんだけれど、このまま咲いてくれるかなぁ・・・。

2005/05/21

演奏会とかPCの不調とか・・・。(BlogPet)

Moonlightは、たいがいっぽい作業♪


*このエントリは、BlogPetの「Moonlight」が書きました。

2005/05/19

カンヌ映画祭

柳楽優弥君がカンヌ映画祭で「最優秀男優賞」を受賞したのは、昨年のこと。タランティーノ監督が彼の名前を呼ぶ姿は、記憶には新しいけれど、今年もカンヌ映画祭の季節がやってきて、あらためて1年って早いなぁと思う。柳楽君主演の映画は、編集が間に合わずに、今年は出品出来なかったらしいけれど、予告編が上映されただけで、すでに様々な国から配給のオファーがあったというから、すごいですよね。ココログの【カンヌ2005diary】でのカンヌ情報は面白いかも。コンペって4点満点なんですね。それにレッドカーペットの前に朝早くから陣取る人がいるなんて、やっぱりスターを見たいと思う気持ちは万国共通なのかな。

2005/05/18

出口のない物語・・・メロウ

昨年、ドゥマゴ文学賞を取った『メロウ』(田口賢司著)を読んだ・・・。浅田彰氏がたった一人の責任で選んだという。「知っている人物を選んだ事でたとえ何か言われようともいい」と、そんな選評を読んだ記憶があるけれど、審査員一人が選んで決めるという賞って独断的で面白い。とは言ってもねぇ・・・。浅田彰氏曰く、「この小説はまったく空っぽである。だから、かくも残酷で美しい」という事だけれど、最後の美しいはどうにも分からない。何も望まず、今を生きる・・・というと一生懸命に聞こえるけれど、その先には希望も、明るい未来もない。朝目覚めると、昨日の連続の今日があって、明日もあさっても、代わり映えしない一日。ただ、誰かを愛してると思い、そして傷つけることの繰り返し。どこにも出口がない。あんまり分からないから、会社の友人に貸してみました。(笑)どうやらみんな同じ感想みたい。

2005/05/17

演奏会とかPCの不調とか・・・。

ぼちぼち寝ようかなぁと思って、最後の作業にはいると、たいがい調子が悪くなる・・・。あらぁ、今開いていた画像は大丈夫かなぁ?なんてことになって、結局立ち上げなおしたりして、確認していると、あっと言う間に30~40分が過ぎていき、またまた寝不足になるのであった。
今夜(16日)は錦糸町にあるトリフォニーホールで、ゲルハルト・オピッツのピアノ、西本智実指揮、新日本フィルで、ベートーヴェンP協5番「皇帝」とチャイコフスキー「悲愴」を聞いてきた。「聴く」というよりは「聞こえてきた」という感じ。今は緊張感のあるピアニッシモの音が聴きたいなぁ・・・。なんかすごく平たい演奏だった。

2005/05/15

ウルシニア

0505043805043004
葉っぱはコスモスのような感じですが、きれいなオレンジ色の花びらで、真ん中が茶色のちょっと不思議な花です。ウルシニアという名前だそうで、初めて見ました。
それにしても5月の中旬とは思えないほどに、肌寒いです。今日は、ケリーをお風呂に入れてから、スポーツクラブに行って、サウナとジャグジーで暖まってきました。ちっともスポーツしてないんだなぁ。

2005/05/14

スパイシー コルダナ

05051455
ミニバラです。きれいですね。あまり世話をしていないけれど、何度も何度も花をつけます。スパイシー コルダナという種類だそうです。
花を撮るけれど、しょっちゅうピントがずれているので、夫が小さめの三脚を買ってきてくれました。それでもトンチンカンな画像をとり続けております・・・。まぁ写ってればいいよね。
デジカメを持つようになってから、気軽にいろいろなものを撮るようになりました。撮ったものがすぐに確認できるって素敵だと思う。日に日にふくらんでいくつぼみや、新芽、若葉。昨日まで力強く咲いていた花がしぼんで枯れていく様子。成長していくケリーと、いつまでも優しくそこにいるメロディ。動いていく時間と、止まっている時間が、シャッターを押した瞬間に、「そこ」に留まる。今まであまり気にとめなかった景色が、気になるようになりました。

ヨーキーの特集

s-kelly
時々見るHP「PET DAISUKI」で、ヨーキー祭りという特集があって、思わず見入ってしまいました。よその子はピンと耳がたってて、目もくりくり。うちのはね、片耳垂れてるし、目も小さいんですよね。でも、来た時はこんなに小さかったのに、1年でよく育ってくれました。話しかけると、一生懸命に顔を見るし、ドアを開ければ、短いしっぽをちぎれるほどに振って、大歓迎してくれるし、本当にあいくるしいです。この画像は、昨年の7月、ケリー3ヶ月の頃です。

2005/05/13

免許証の写真、あわわ・・・(BlogPet)

きのうMoonlightが、blogした?


カレンダー通りに出勤しているので、今週は月、金と仕事。
会社に行くよりも、休みの方..


*このエントリは、BlogPetの「Moonlight」が書きました。

2005/05/12

ゼラニウム ピンク

050503a05
さて、こちらはピンクのゼラニウム。1ヶ月位前だったか、花屋さんのタイムサービスで、とても安く買いましたが、一回り大きな蜂に植え替えたら、どんどん花が咲いてきて、こちらも華やかです。ゼラニウムはそんなに世話をしなくても、丈夫で次々と花を咲かせてくれるので、嬉しいです。臭いはともかく・・・。

2005/05/11

ゼラニウム 赤

050503a04
とても元気で、良く咲いてくれます。朝起きてカーテンを開けた時に、目に飛び込んでくる赤い花は、なんだかパワーをくれるような気がします。でもゼラニウムは、アロマオイルなどにもあるけれど、実際はかなり特徴のある香り、というより臭いで葉っぱをさわった後の手にも、その臭いが付くので、ちょっと困りものです。虫よけにもなるらしいけれど、実際はどうなのかなぁ?

2005/05/10

オバサン根性、うふふ。

通勤途中の乗り換え駅では、よくいろんなモノが配られています。タウン情報のフリーペーパーだったり、新規開店した美容院の案内だったり・・・。そういうのって、若い人がターゲットで、なんとか渡そうとしているけれど、オバサンって無視されたりするんですよね。どうせ、私もそんなのもらったって行かないしさ・・・といつもは思っておりますが、今朝はなんと化粧品。白と水色のコスチュームを着た若いお姉さんが、「マックスファクターの新商品でぇ~っす!」っと、なにやら配っているではありませんか!これはもらわなくちゃ!!という事で、しっかり受け取りました。あはは!過剰な皮脂をコントロールするというUVカットの乳液「イリューム クール フォース」でした。(一応、商品名を明記しておきましょう。)明日から使ってみよう。(^_^)v

2005/05/09

対岸の彼女

やっと読みました。対岸の彼女(角田光代著)。オール読み物で中途半端に抜粋を読んでから、本買おうかなぁ、どうしようかなぁ・・・と思っていたら、同僚の女性が持っていて貸してくれました。ようやく最後まで読めてすっきり。女性の抱える日常の中のたくさんのストレスは、やっぱり男の人にはわからないだろうなぁ。それにしても、とても巧みに、2人の主人公の、過去と現在が語られていて、時間や場面が移動していくけれど、とても流れが自然でそれぞれの過ごしてきた人生が、けして遠いものではないことがだんだん分かってくる。本当にこういう毎日で良いのかなぁ・・・と不安を抱え込みながらも、子供がいて、理解がありそうでまるで理解してくれていない夫と、まるきり違う時代を生きてきた義母がいる主婦と、いろいろな問題にぶつかり、乗り越え、またぶつかり、また立ち上がっていく未婚の女社長との、根本にある何かが重なってくる後半は、とても面白かった。寂しさとかやるせなさとか、形にならない不安は、多くの女性が感じているんじゃないかな。やっと読めて良かった。最後のシーンは、晴れ晴れとしていて、次のステップに進んでいく可能性が感じられます。

2005/05/08

免許証の写真、あわわ・・・

椅子に座って、姿勢を正そうと思ったら、「はい、いいですよ」・・・って、「えーーーーーー!!!もう終わったの、なんでなんでなんで!!!」すっごいショックです。何しろ、後ろに並んでいた夫がぼけ~っとしてるの見て笑いそうになったのをこらえた時でしたから。今回は偶然にも夫と同じ時期に更新手続きになったので、一緒に行ったのが失敗だった。私たちの誕生日は2日違い。ちなみに私は優良ドライバーなので5年。夫は一般で3年。まるきり運転しない私がゴールドなのは当たり前なんですけどね。あぁ、5年間この免許証が私の身分証明書になるんだなぁ・・・イヤだなぁ・・・。全然、若々しくないわ。がっくり。(>_<)ヽ ナケルゼェ

2005/05/07

留守録と野球・・・。

野球中継が始まると、試合が長引いて、30分とか1時間放送時間がずれていくので、留守録を失敗する。最初から1時間長めに設定すればいいのだけれど、なんだかなぁ・・・と思います。実際、野球の視聴率もうんと下がってるみたいだし、野球にまるで興味のない人にとっては、けっこう迷惑ですよねぇ・・・。ビデオと違って、DVDは編集が簡単だから、これからは1時間長めに録画時間を設定するかな。
昼過ぎに思い立って美容院に行こうと思ったら、いつも行く店がすごく混んでた。あまり待ちたくなかったので、別の美容院に行ってみました。何しろ、ウチの近所には美容院がいっぱいある。10店以上ある。ふらふら歩いて、覗きながら待たずにすみそうな所を探してみると、ありました。誰もお客さんがいない・・・。ちょっと不安になったけれど、いつもは混んでたはずなので、入ってみました。最初はポイントパーマとカットの予定でしたが、担当になった人と話をするうちに、ちょっと違うかも!?、と思いカットだけにしました。とりあえず、さっぱりしたから良しとすることにしようっと。

2005/05/06

休みの合間に・・・。

カレンダー通りに出勤しているので、今週は月、金と仕事。会社に行くよりも、休みの方が多いと、なんだか調子が出ないですね。あまり仕事もはかどらないうちに、夕方になっちゃって・・・。でもこういう日に限って困った事が起きたりします。やっぱり出社して良かった。帰社時間ギリギリに解決できて、残業は免れました。よかったぁ。明日はまた寝坊できるなぁ・・・。2ヶ月に1週間、GWだったらいいなぁ・・・と怠け癖がついた私はカレンダーで次の連休を探してしまうのでありました。

2005/05/05

ケリー乳歯

ケリーに1本だけ残っていた乳歯が、今日やっと抜けました。1年と1ヶ月。2~3日前からグラグラして、フードも食べにくそうだったので、よかったよかった。
今日は、のんびりとDVD鑑賞。「ターミナル」と「コラテラル」。それと「デビルマン」。なんかどれもまぁ・・・劇場で見なくて良かったって感じですが、「コラテラル」は、助演のジェイミー・フォックスの方がいいですね。彼の方が主役みたいでした。
明日はカレンダー通りで、出勤です。1日出ればまた休み。なんか気分はダレております。。。

ペット博(BlogPet)

きょうMoonlightが幕張にMelodyと開催したいです。
幕張まで別に開催したよ♪


*このエントリは、BlogPetの「Moonlight」が書きました。

2005/05/04

ペット博

0505046705050448s


         幕張で開催中のペット博に行ってきました。別の会場ではフリマ、スタジアムではロッテのデーゲームということで、駐車場は混雑。ウチは昼過ぎにつきましたが、並ばずに入れたギリギリだったかも。ケリーは犬なれしていないので、他のわんちゃんといっぱいすれ違ったけれど、犬同士のふれあいが苦手なようです。会場はそれほど広くないので、すぐに見て回れます。軽い食事もできますが、かなり混んでいました。洋服類が500円~1000円位と安かったので、夏物2点ほど買って帰ってきました。

2005/05/03

咲きました!

05043019
05050333

                                                咲きました!葉っぱのあたりが白っぽくなってしまって、うどん粉病かしら、と心配していましたが、なんとか咲いてくれました。買った時にはただツルバラと札に書いてありましたが、ネットや店頭でいろいろ見た所、どうやらカクテルという種類のようです。花びらは一重です。

2005/05/01

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン3

今日は、12:15から序曲「プロメテウスの創造物」とP協第4番。矢崎彦太郎指揮、オケはおとといと同じモーツァルトプレーヤーズ。そしてピアノはアンヌ・ケフェレック。なんて清潔で強くて美しいピアノを弾く人なんでしょう。4番はずっとR.ゼルキンの演奏が好きでCDを聴いていましたが、今日の演奏は格別に素敵でした。やっぱり生はいいです。当たり前だけど。
おとといに比べて人出も増えていて、チケットも一番最後のオーケストラ2つを除いては売り切れていました。ぶらぶらと地下に降りると、なんと、新星堂で今聴いたばかりのアンヌ・ケフェレックがサイン会をしているではないですか!さっそくベートーヴェンのCDを買って、サインしてもらいました。でもお金払ってる間にサインは終わってた・・・。あら~・・・(>_<)。そのままそこで、桐朋音大の学生オケで、エグモントとコリオランの2つの序曲を聴いて会場を後にしました。楽しいイベントでした。また来年あるといいなぁ。今回は、ピアノを中心に聴いたので、次はヴァイオリンと、室内楽を聴けたらな~。1500円でいろんな演奏会を聴くことが出来れば、みんなもっと気楽に会場に足を運べるのにね。

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

フォト