« なぁんか忙しい・・・。(こうさぎ) | トップページ | 大晦日 »

2004/12/30

革命の林檎

28日に、「革命の林檎」という芝居を見に行ってきました。仕事納めのバタバタした日だったけれど、行って良かった。この「革命の林檎」は、東京の下宿で暮らす美術を目指す若者達が、日本が戦争に向かっていく中で、自由に絵が描けなくなり、ある者は戦争を賛美する絵を描き軍のおかかえ絵師となり、ある者は描きたい絵と書かされる絵との間で悩み・・・。戦争によって、翻弄されていく若き画家達の話でした。つい先日見た「SHIROH」も、島原の乱と今の戦争をリンクさせているような演出は好きではなかったけれど、こちらは本当に脚本も物語も骨太な感じで、感動しました。戦争という波は個人の意志を簡単に飲み込んでいくのだと思うけれど、この下宿の絵を志す仲間達を見ていたら、どこにでもいる夢多き若者が、飲んだりさわいだりけんかしたりと、本当に普通に暮らしているのに、戦争をきっかけに、信頼関係も、夢も何もかもがどんどん狂って、崩れていくのが、怖いほど分かりました。それでも彼らの中にはたしかに友情が存在しているんですよね。誰もが友人を傷つけたいなんて思ってる訳じゃないんですものね。重いテーマだったけれど、とてもいい芝居だと思いました。

« なぁんか忙しい・・・。(こうさぎ) | トップページ | 大晦日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67926/2420471

この記事へのトラックバック一覧です: 革命の林檎:

« なぁんか忙しい・・・。(こうさぎ) | トップページ | 大晦日 »

フォト